9/24 並列の難点

おはようございます、Pです。

昨日も朝から多くのお客様にご来店いただきまして誠にありがとうございます。

連休中ということもあるかとは思いますが、まずは他のお店より当店をご指名してくださった方々が増えたという事実には嬉しい限りです。

この状況に慢心することなく、さらにたくさんの方にご来店いただけるように努力いたします。

連れ打ち推奨環境の世界観はいまだ遠く

昨日の状況を見ていて気になったのはひとつの出玉が目立つ台が出てきてしまうと、その周囲が大きく見放されているということです。

もちろん、心理的に理解できないわけではありません。

ですが、結果として放置状態になってしまった台が多数存在していました。

現地にいらっしゃっていた方々なら回転数の少なさからその可能性を感じている方も多かったはずです。

これも積み重ねの一環なので、今日結果が出なければ明日。

明日が出なければ明後日。必ず状況は改善させていく必要があります。

数日のチャレンジでダメなら諦めるということは決してありません。

同一機種内での狙い目、機種またぎの連番狙い、はたまた背中合わせ。

考えられる状況は多岐に渡ります。

ジャグラーやハナビなどのノーマル、新台の剛衛門を迎えての新生ART機種コーナーの中で明日はどんな光景が見られるのか、今から楽しみです。

攻略ヒントは存分に活用してほしい

剛衛門にはオリジナルの遊技説明シートが設置してあります。

特にART終了後のチャンスボタンPUSH時に出てくる画面は割りとデフォルト以外も見れることがあるので、立ち回りのヒントにしていただければと思います。

このオリジナルの説明カードは順次、他の機種にも設置していく予定ですが作業が遅れ気味で申し訳ありません。

通常の遊技シートは既に全台設置済みですので遊び方がわからない、ということはないかもしれませんが、パチスロにおける新しい感覚を覚えてみるのもいいですよ。

本日は「A-SLOT偽物語」にオリジナルの遊技シートを新規設置しました。

ご遊技されない場合でもお気軽に手にとって見ていただければ幸いです。

そのほか、まだまだお店の改革案は進行しています。

もっと!遊びやすく楽しい環境を作り上げていきます。

本日も皆様のご来店をお待ちしております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする